ウィッグのある毎日

医療用ウィッグの特徴とは

医療用ウィッグの特徴とは

病気などの治療により髪の毛が少なくなってしまった時に医療用ウィッグを使用する方はとても多いです。
特に女性の方は髪の毛が少なくなる事に抵抗がありますので、医療用ウィッグはとても人気があります。
医療用ウィッグの特徴としては、1日中装着しても不快感を感じない様に工夫されている事です。
長時間使用しても頭が蒸れない様に通気性が良くなっていますし、疲れない様にとても軽いです。
また治療中は皮膚も敏感になっていますので、肌に直接触れる部分にはやさしい素材で作られていたり、フェイスラインは手作業で作られている物もあります。
最近では人工毛の質も良くなり、見た目も手触りも自然に近くなってきていますし、髪の毛も色も黒色から明るい茶色など様々な種類があります。
ヘアースタイルもショートカットからロングまで種類が豊富にありますので、今までの自分に近いヘアースタイルを探す事も出来ますし、逆に今まで出来なかったヘアースタイルにチャレンジするという事も可能です。

医療用ウィッグの機能について

病気の治療時のための医療用ウィッグの使用が、髪の悩みに役立つことがあります。
例えば抗がん剤の、細胞の増殖を抑える副作用をはじめとして、治療をはじめたことで、髪が抜けてしまう場合に使われています。
頭髪の状態には個人差がありますが、治療中に脱毛が始まり、終わってから回復期に発毛します。
そのため、医療用ウィッグは通常のファッション用と違い、毛の量の変化に対応できるように、サイズの調整が可能であったり、装着しているときに疲れないような工夫がされているのが特徴です。
また、毛髪の回復をスムーズにするためにも、頭皮の通気性を考えた素材を使用しているものが安心です。
こうしたウィッグを選ぶときには、実際に試着ができるサロンで、フィット感や顔の印象、軽さなどを考慮して、使いやすいものを探すことが大切です。
とくに、軽くて圧迫感がなく、付けている感覚が楽である点を重視して、体の状態に合ったものを無理なく使用できるように、専門家に相談しながら選びます。

注目サイト

2017/4/11 更新

Copyright 2015 ウィッグのある毎日 All Rights Reserved.